タイに赴任が決まったら、タイのSIMカードはどうする?|リロタイ

タイに赴任が決まったら、タイのSIMカードはどうする?|リロタイ

タイへの海外赴任が決まった方がこのページを見ていると思います。
まずは住居の手配やビザの手配を行うと思いますが、その次に重要なのが「スマートフォン」の手配です。タイでの生活でもやはりスマホは手放せません。

今回はそんなタイ赴任が決まった方にオススメのSIMカードの手配の方法をご紹介します。
スマホ端末をどうしようか悩んでいる人は、以下の記事をご一読ください。

タイのキャリアは3つ

タイ国内には「AIS」「DTAC」「TrueMove」の3つの携帯キャリアがあり、バンコク市内であればどのキャリアを使っても電波が悪いという事は基本的にはありません。
まずは各社の特徴を簡単にご紹介いたします。

AIS

まずはタイの通信会社の最大手がAIS、ブランドカラーは上記のロゴの通り緑色です。
通話品質や通信品質は大手3キャリアの中で最も安定していると思います。

TRUE

次にタイで2番目の通信会社のTRUE、ブランドカラーは上記のロゴの通り赤色です。
5G対応エリアも広く、Dtacを抜いて現状No.2で電子マネーなどのサービスも展開。

Dtac

最後にDtac、ブランドカラーは上記のロゴの通り水色です。
以前はタイ国内No.2でしたが、現在は勢いがなくなりTrueとの合併の話も出ています。

AISかTRUEのどちらかを選ぼう!

タイでは最近は5Gが問題なく使えるようになっており、AISとTRUEがかなり快適に使える印象です。複数の場所でスピードテストをしたところAISの方がスピードが速い場所が多くありましたのでヘビーユーザーはAISがオススメです。

SIMカードは日本出国前に準備がオススメ!

タイのSIMカードはタイの空港やショッピングモール内の携帯ショップで購入できますが、まず最初は数日使えるSIMカードを日本出国前に購入しておくのがオススメです。

SIMフリースマホやSIMロックを解除したスマホを持っていない人は事前に準備しておきましょう。

プリペイドSIMをAmazonで購入する

まず、会社から社用携帯を支給されるケースが結構多いと思いますが、個人利用用のスマホも1台あると便利です。またタイに到着して数日は結局自分のスマホをメインで使う形になると思いますので「SIMフリースマホ」+「Amazonで買ったSIM」の利用がオススメです。

AmazonでタイのSIMカードを購入する一番大きなメリットはタイで購入するより安く購入できるという点です。

現在の一押しは以下のSIMカードです。

 

上記以外にも8日タイプもあるので、自分が使いたい期間のSIMカードを選択して購入しましょう。
16日間や30日使えるタイプだと、そのSIMカードを使って生活基盤を整えて、その後タイの携帯キャリアでSIMカードの契約へ余裕を持っていく事が出来ます。

また、ワークパーミット(労働許可証)が手に入るまでは基本的にはポストペイドでの契約は出来ないため、プリペイドSIMでしのぐことになります。

携帯電話の契約はどこに行く??

プリペイドSIMが使える期間中に、自分のSIMカードの契約を行う必要がありますが、どこに行けば良いのか分からないという方も多いと思います。デパートやスーパーに行けばAIS・TRUE・DTACの大手3キャリアが集まっているのでそういう場所に行きましょう。

ちなみにバンコクに住んでいる場合には、プロンポンに日系の携帯ショップが2店舗あり、駅前にデパートもあるのでバンコクで携帯電話を契約するならプロンポンに行くと良いでしょう。

タイの携帯電話契約時の必要書類

プリペイドSIMの場合には「パスポート」だけですが、タイで携帯電話を月額契約する場合にはパスポートに加えてワークパーミット(労働許可証)が必要になります。

なので基本的にはワークパーミット(労働許可証)を会社からもらってから携帯キャリアショップに契約に行く事になります。

✅ 契約は英語でOK!
タイ語での契約に不安を感じている方もいるかもしれませんが、基本的にはカウンターのスタッフの多くは英語を話せるので、片言の英語でも契約可能です。

タイの携帯プランはどんな感じ?

タイの携帯電話のプランですが、現在は各社5Gプランが主流になっており、価格は日本と比べてもかなり安いです。

AISとTRUEの2023年時点の5Gプランの最安値は以下の通りです。

AIS :399THB (高速データ20GB/無料通話100THB)
TRUE:299THB (高速データ10GB / 無料通話50THB)

日本と比べてもまだ、タイの携帯電話代金の方が安いですね。

先程いった通り、契約は片言の英語でもOKなので英語が苦手という方も是非一度チャレンジしてみて下さい。

日本でSIMカードを携帯できる日系携帯ショップも

タイのバンコクとシラチャにある日系携帯ショップで「ベリーモバイル」という会社があります。

このベリーモバイルではタイ出発前にSIMカードを契約して日本の住所まで発送するサービスも行っているようです。タイ赴任が決まってプリペイドは面倒という方はこのサービスを利用してみましょう。

プランはキャリアと直契約するより少しお高めですが、スマホのサポートをガッツリ受けることが出来るので日本語サポートが欲しいという方はこのサービスを使っても良いかもしれませんね。

また、契約時にワークパーミットが必要ないというのも特徴です。

以下のリンクからベリーモバイルの日本受取りサービスのページに行けるので確認してみて下さい。

 

日本でスマホの準備をしてタイ生活をスタート!

今回ご紹介した色々なサービスの中からどれをを使う事になると思います。

まずは、日本でプリペイドSIMカードを準備して、生活が落ち着いたら日系の携帯ショップでSIMカードを契約するか、ワークパーミットが手に入ってから携帯ショップにいって契約という流れがオススメです!

SIMカードではなく、スマホの端末をどうすれば良いのかという人は以下の記事をチェックしてみてください。

➡ タイに赴任が決まったら、タイの携帯はどうする?|リロタイ

 

参照記事 新規タイ赴任。タイの携帯電話事情の基本情報、タイでSIMカードを用意するには?【 2023年 】

タイ赴任の際、中長期滞在する際のSIMカードはベリーモバイルのプリペイドSIMがおススメ!

タイに赴任が決まったらスマホ・SIMの契約はどうする?プリペイド?ポストペイド?

タイに赴任が決まったらカテゴリの最新記事